山梨県 甲府市 リウマチ科 関節リウマチ 膝の痛み 関節痛 リウマトレックス MTX 生物学的製剤 エンブレル

リウマチ治療専門のにしおか内科クリニックRA|山梨県 甲府市 リウマチ科 関節リウマチ 膝の痛み 関節痛

にしおか内科クリニックの診療時間:月・火・木・土:9:00~11:00、13:00~16:00、休診日:水・金・日・祝、初診の方は土曜日のみ受付(要予約)、再診の場合も事前にお電話お願いいたします。

山梨学院サッカー場となり。バリアフリー駐車場40台ご用意しております。

妊娠を希望されるリウマチ患者様へ 国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター開設7周年記念フォーラム 聴講内容

国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター開設7周年記念フォーラムでの聴講内容をまとめた文章です。当院での妊娠を希望される方々に対する説明資料です。

妊娠を希望される方は当院、もしくは妊娠と薬情報センターにご相談ください。

ノルウェー トロンハイム大学病院教授のMonika Ostensen先生「妊娠・授乳中の抗リウマチ薬」に関する講演からの抜粋です。

妊娠とリウマチ治療について

関節リウマチでは妊娠にて病状が悪化する方は10~20%です。
関節リウマチを発症して間もない時期やコントロールが十分でないときには妊娠を延期して病状のコントロールをしっかりつけ十分に病状が安定してから妊娠を考えましょう。

メトトレキサート製剤のデータに関して

妊娠初期の3か月間にメトトレキサート製剤(MTX)5~20mgに暴露したリウマチ患者さんの文献上の報告は、100例以上あります。
そのうち5人の先天奇形が報告されており、リスクは5~10%となります。
6~8週目での暴露が危険とされています。

炎症性腸疾患や関節リウマチでのTNF阻害薬使用下での妊娠報告

下記のTNF阻害薬(生物学的製剤)の使用下において、妊娠期間中を通して、流産、未熟児、奇形の発生率は上昇しませんでした。

レミケード 327名
エンブレル 302名
ヒュミラ 105名
シムジア 139名

ヒュミラ、エンブレル、いずれも先天異常の増加は認めていません

ヒュミラ
  • 42人のヒュミラを使用した関節リウマチ妊婦
  • 58人のヒュミラを使用していない関節リウマチ妊婦
  • 84人の健常妊婦
エンブレル
  • 137人のエンブレルを使用した関節リウマチ妊婦
  • 67人のエンブレルを使用していない関節リウマチ妊婦

TNFはFcレセプターを介して胎盤を通過するため、TNFを妊娠中に継続して出産した新生児の長期成績はありませんが、新生児の血中TNF濃度が高い場合には易感染性に注意します。妊娠後期にTNFを使用した場合には出生後6か月は生ワクチンの接種を避けたほうがよいようです。

NTFα阻害薬使用の限度

TNFα阻害薬は妊娠が発覚したらすぐに中止するほうがよいが関節リウマチの活動性が非常に高い場合には妊娠20~30週までは使用可能と考えています。出産後の新生児の長期成績はまだ不明です。

アクテムラ、オレンシアにおいてはまだ動物でのデータのみであり、人でのデータはありません。
アザルフィジンは葉酸と拮抗するので、使用中は葉酸の併用を推奨します。
プログラフは250例の妊娠報告では、先天奇形、流産の発生率上昇は認めません。
妊娠中の関節リウマチは悪化にたいして関節内にステロイドの注射と経口ステロイド、NSAIDS(妊娠32週まで可。それ以降は容量依存性に児の腎障害、動脈管開存リスクはある)は使うことができます。

経口ステロイド : 15mg/日以上は副作用リスク
                            母:糖尿病、高血圧、骨量減少
                            子:口唇口蓋裂、発達遅延、未熟児

男性における薬剤の影響に関して

アザルフィジンは男性不妊のリスクがあり、妊娠計画の3か月前に中止します。
低用量メトトレキサート製剤(MTX)は100症例の報告で異常は見られていません。
TNF阻害薬も妊孕性、遺伝子異常に関与しないと考えられます。

母乳について

NSAIDS、プレドニン、アザルフィジン、プログラフは子供に影響有りません。
メトトレキサート製剤(MTX)、オレンシア、アクテムラはデータが乏しいため、授乳中は避けたほうがよいでしょう。
TNF-α、レミケード、エンブレル、ヒュミラは母乳中に低用量で検出されるが子供に影響はありません。

多くの薬剤は、危険性が証明されたためではなく、データが十分でないことから禁忌とされてしまっています。

メトトレキサート製剤(MTX)は女性においては1月経周期を中止すれば問題ないと思われますが、日本のリコメンデーションなどでは3か月中止するように記載されています。

男性においてはメトトレキサート製剤(MTX)をやめる必要はありません。

一人一人の妊娠情報をもとにして日本におけるお薬と妊娠の安全情報を構築しています。持病でお薬を飲んでいるけれど、このまま妊娠して赤ちゃんに影響はあるか?妊娠しているとわからずに薬をのんでしまったけれど、赤ちゃんへの影響は?などにつき、妊娠と薬情報センターまでご連絡ください。

妊娠と薬情報センター 連絡先
電話番号  : 03-5494-7845
受付時間  :月曜~金曜  10:00~12:00  13:00~16:00

一人一人の報告が、貴重なデータベースとなり安心・安全な妊娠・出産を迎えるための知見となります。